新しいオフィスの形

バーチャルオフィスと同じように事業立ち上げ時の資金を抑えることを目的に考えられた新しいオフィスの形に、レンタルオフィスやシェアオフィスがあります。

レンタルオフィスとは、そのまますぐに使える状態のオフィスをレンタルできるサービスのことです。今や仕事上欠かすことのできなくなったインターネット環境や、快適に仕事をする上で必要となるエアコンなどの設備が整えられているため、申請してからあまり間を置かずにオフィスとして使用でき、また月単位や時間単位など短期間での利用も可能なため、自分の理想とする形で最低限の費用に抑えることが可能です。細々とした出費だけではなく買い揃える手間なども節約できるため人気です。

レンタルオフィスやバーチャルオフィスは基本的に一つの事業のオフィスとして利用されることが多いですが、一方でシェアオフィスは複数の事業が一つのオフィスをシェアして利用するという点が異なります。フリーランスや最近よく聞かれるノマドワーカーの利用が多く、違う業種のひとりひとりが集まって同じ空間の中で仕事をします。これにはレンタルオフィスやバーチャルオフィスに比べ、そのオフィスを利用する人同士の交流が生まれるため、人脈を広げることも可能です。