レンタル会議室

存在する住所や電話番号を借りて実際には違う場所での勤務を行うことのできるバーチャルオフィスの仕組みを利用し、事業展開をする際に疑問として挙げられることの一つが取引先などと実際に顔を合わせてのやりとりをする際にどうするのかといったケースです。確かに、レンタルオフィスなどでは実際のワークスペースも兼ね備えているため、直接会って商談したりといったコミュニケーションをその場で取ることが可能です。しかし、ワークスペースが別に存在するバーチャルオフィスの場合は登録している住所に招くことはできません。

バーチャルオフィスを利用する場合に取引先の人と直接会ってコミュニケーションを図りたい場合は、会議室をレンタルして取引先との直接的なコミュニケーションを取ることが可能です。会議室のレンタルは、日単位や時間単位など短い期間から利用することもできるため、希望に沿った形で借りることができます。また、設備面やインターネット環境などは整えられているところが多く、会議室へのアクセスもしやすいところが多くおすすめです。プレゼンや対談など、その日のコンセプトに合った形の間取りを選ぶことができるところもあり、より快適に利用することが可能です。

バーチャルオフィスサービス

バーチャルオフィスとは、事業を開始する上で必要となる住所や電話番号など最低限の情報を借りる仕組みのことを指します。これには実際に勤務するオフィススペースは別にあり、そこがオフィススペースごとレンタルするレンタルオフィスとの大きな違いとなります。レンタルオフィスなどでは実際にオフィスを利用して仕事を行うため、保証金や敷金といった面で出費が発生することがありますが、バーチャルオフィスはその住所で会社を設立し、実際の勤務は自宅、などとすることができます。会社として借りている住所は別になるため、取引先とのやり取りをする郵便物や電話はあらかじめ登録した住所や電話番号宛てに転送される仕組みを取っています。最近では節税や個人情報の保護、犯罪被害を防ぐためといった理由から自宅住所をそのまま利用し起業することに少なからず抵抗を感じる人もいますが、そういった人におすすめとなる会社設立の仕組みです。【参照サイト→1 STOP BUSINESS CENTER:バーチャルオフィス 大阪心斎橋店

しかし、事業の内容などによってはバーチャルオフィスでは公的証明書の許認可が下りないケースや、法人銀行としての口座開設が難しい、未来に事業を拡大して従業員が増えたときなど、社会保険や雇用保険の申請は困難でフォローアップが難しいといった気を付けたいポイントもあります。

新しいオフィスの形

バーチャルオフィスと同じように事業立ち上げ時の資金を抑えることを目的に考えられた新しいオフィスの形に、レンタルオフィスやシェアオフィスがあります。

レンタルオフィスとは、そのまますぐに使える状態のオフィスをレンタルできるサービスのことです。今や仕事上欠かすことのできなくなったインターネット環境や、快適に仕事をする上で必要となるエアコンなどの設備が整えられているため、申請してからあまり間を置かずにオフィスとして使用でき、また月単位や時間単位など短期間での利用も可能なため、自分の理想とする形で最低限の費用に抑えることが可能です。細々とした出費だけではなく買い揃える手間なども節約できるため人気です。

レンタルオフィスやバーチャルオフィスは基本的に一つの事業のオフィスとして利用されることが多いですが、一方でシェアオフィスは複数の事業が一つのオフィスをシェアして利用するという点が異なります。フリーランスや最近よく聞かれるノマドワーカーの利用が多く、違う業種のひとりひとりが集まって同じ空間の中で仕事をします。これにはレンタルオフィスやバーチャルオフィスに比べ、そのオフィスを利用する人同士の交流が生まれるため、人脈を広げることも可能です。

バーチャルオフィスとは

日本だけではなく世界的に見ても新しい職業や現代に合った勤務形態などが考え出され、日々社会は変わり続けています。男性だけではなく女性も積極的に社会進出を目指したり週休3日制を導入する企業が増えたりと、働き方というところまで自由度を増しています。最近では経験を積んで独立をしたり、週末起業など個人で事業を展開している人も増加しています。会社設立、というと敷居が高く感じられる人も多いですが、有限会社に比べ株式会社の設立は最低資本金が1円からなこともあり、株式会社として設立する人も少なくありません。しかし、できるだけ開業時に出費を抑えたい、事務所を借りたいけれど初めての事業でリスクが怖い、難しい手続きなどが多そうでできるか不安、設立できたとしてもその後の経営にかかる経費などの運営をやりきれるか自信がない、という人にとっては、資本金が1円だとしても株式会社の設立はなかなかハードルが高く感じられるのも事実です。

そういった不安を抱える人におすすめなのが、経費をかけずに事業を展開する方法です。これらはバーチャルオフィスやレンタルオフィスなどと呼ばれ、事業をする上で最低限必要となる住所などを月額利用できるなどの特徴があり、開業するのと比較すると格安で入手することが可能になります。今後開業を考えているけれどリスクを恐れて一歩を踏み出せずにいる、事業をしたい内容は決まっているけれど会社を設立運営できるほどの資金が集まりきっていないという人におすすめのサービスです。